公式ショップOPEN 🐧

CBNオイル(CBDオイル)の作り方

CBD自作

kuma
kuma

最近なんだか体の疲れがとれないんだ
リスさんどうすればいいかなぁ

risu
risu

それは大変!今日は、リラックス感でとろけると人気のCBNを原料に使ったオイルを手作りしてみましょう

 

※CBNを例に挙げておりますが、CBDやCBGでも手順は同じです。

※CBDは溶けやすく、CBNは溶けにくいなど性質の違いはあります。

 

※レアカンナビ=レアカンナビノイド

 

自作CBD(CBN)オイルの材料(20ml分)

  • MCTオイル20ml(オリーブオイルなど他の食用オイルでも可)
  • CBN 1.0g(1000mg)
  • オイルを入れる容器

 

risu
risu

所要時間は、20~25分くらいです。
約5%濃度の CBNオイルができます☆

 

⇓🐇 動画で解説 🐇⇓

 

CBNオイルの作り方

 

CBN(原料)を量ります。

(0.01gまで量れるスケールは、通販サイトで千円程度で買えました。(デジタルスケール 0.01g)で検索するとOK)

 

risu
risu

今回は、お試し用に濃度5%CBNオイルで作っていきます。

 

 

 

原料をビーカーにいれて、湯煎していきます。

 

risu
risu

写真で見えやすいようにビーカーで作っていますが、直接オイルの容器にいれて湯煎で大丈夫です★

 

※遮光瓶に(CBD原料+オイルを入れて)直接湯煎する場合は、万が一にも水が入らないようにジップロックやアイラップに入れて湯煎するのがポイントです

 

 

 

CBNはCBDよりも融点が高く(77度くらい)溶けにくいので

お湯をとりかえながら湯煎しましょう。

 

 

温度が下がって冷めてきたら、お湯を交換します。

この工程を何回かくり返します。

 

risu
risu

熱くなりすぎないように、火には直接かけないでくださいね

 

 

・・・

綺麗に溶けました。

 

risu
risu

4回目のお湯交換で溶けてました☆

 

 

CBNオイルを容器にいれます。

 

risu
risu

もう終わりですよ!

 

 

シールを貼って完成です。

risu
risu

おつかれさまでした♬

 

そうなんです。CBD(CBN)オイルを作るのは簡単なんです。ぜひチャレンジしてみてくださいね♪

 

 

pengin
pengin

完成後は少し冷めてから、冷蔵庫に入れて保管しましょう。

 

※お湯の温度が熱すぎると成分が飛んでしまうので、お湯の温度は上げすぎないようにお気を付けください。

CBD=40~60度を目安に湯煎(3日ほど放置でも溶けます)
CBG=50~70度を目安に湯煎
CBN=70~80度を目安に湯煎

 

CBDオイル自作では熱すぎる熱湯で湯煎する必要もないため、上限温度の目安を低めに設定しておりますが、テルペンなどを使用しない場合、そこまで温度は気にする必要はありません。

180度のオーブンで焼いても大丈夫とも言われております。

 

pengin
pengin

ただし火傷の心配もあるので、溶けにくいCBNでも最大温度は80度を目安に湯煎するのがおすすめです。

 

CBN(CBD)オイル濃度の参考に

 

自作でCBNやCBDオイルを作るとき、 濃度のご参考にされてください。(※1g=1000mg)

 

計算式は、

【 原料(CBD・CBN)÷ オイル × 100 = 濃度(%) 】

①CBN1g ÷ 20(ml)=0.05 

②0.05×100=濃度5%

 

上記のような計算式になります。

 

最初は5%程度から、次は10%⇒15% と自分に合う濃度を見つけられてください。

 

risu
risu

CBDやCBGなどとの組み合わせで、どんな体感の違いがあるか楽しみです。

 

濃度が濃すぎると、結晶化および(ドロドロ)になりやすくなります。基本的に最大濃度は20%程度を目安に、5~15%を基準に自作するのがおすすめです。

※CBDよりもCBNは固まりやすいなど性質の違いがあり、合わせるオイルによっても(最大濃度)は変わって来ます

 

CBNオイルの疑問

CBNオイルをもっと簡単に作りたい

 

お手持ちのCBDオイルにCBNを加えて、温めて溶かします。

この方法なら、手軽にCBDや香り付きのCBN入りオイルを手軽に作れます★

 

risu
risu

これは簡単!容器もいらないです

 

湯煎するとテルペンなどの風味が飛んでしまう可能性があるので、テルペンやフレーバー入りのCBDオイルは30~40度となるべく低めの温度で溶かすのがポイントです。 ※CBDオイルの原材料は製品によって違い、テルペンやフレーバー入りCBDオイルは数少ないです

CBNオイル自作に使えるベースオイルは?

 

・MCTオイル…市販のCBDオイルにもよく使われていて味や香りがなくエネルギー化しやすいオイル

・ヘンプシードオイル・・・麻味で少し苦味がありますが、ヘンプの恩恵をCBD、CBNと一緒にたっぷり受けれるオイル

・オリーブオイル・・・オリーブオイルでも作れますが、品質の良いものがおすすめ

・ココナッツオイル・・・味や香りも良いのでMCTオイルが苦手な方にも

 

risu
risu

ベースとなるオイルは決まっていないので、自分好みを探してみましょう✰

 

テルペンを少し入れたり、CBD、CBG、CBNを全部入れてみたり、オリジナルCBDオイルを作れるのも自作の魅力です♪

 

今は原料販売をしておりませんが、今後CBGやCBN原料などもお安く提供し、自分好みのCBDオイルを作れるようにサポートできたら良いなと考えております。

まだまだ販売時期は未定ですが、首を長くして🦒待ちでお願い致します。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました