公式ショップOPEN 🐧

アロマ香るCBDバスボムの作り方

CBD自作

kuma
kuma

CBDの炭酸お風呂に入りたいです

risu
risu

今日はCBDバスボムを作ってみましょう

※レアカンナビ=レアカンナビノイド

 

CBDバスボムの材料

  • ☆重曹 100g
  • ☆クエン酸 50g
  • ☆片栗粉 50g
  • ★CBD原料0.2g(200mg)
  • ★エッセンシャルオイル(精油)
  • ★ホホバオイル 5ml
  • クレイ(着色用)
  • お菓子などの型

 

risu
risu

所要時間は、乾燥時間を含まず20分くらいです

 

 

CBDバスボムの作り方

 

★印(ホホバオイル・CBD・精油)を混ぜておきます。

①CBDをホホバオイルに溶かします。

②溶けたら好きな香りの精油を加えます。

 

risu
risu

CBDが溶けにくいときは、かるく湯煎してください。

 

 

☆の材料(重曹・クエン酸・片栗粉)をダマがなくなるまで、サラサラ状態に混ぜます。

 

 

溶かしておいた★印のオイルを加えて混ぜます。

 

小さじ1程度のクレイもいれて、サラサラになるまで混ぜます。

 

risu
risu

ほんの少量で色が付きます

 

 

スプレーボトルで水をかけながら混ぜます。

(10回くらい繰り返しているとこのくらいになります。)

 

手で握ったり、スプーンで押して少し固まったら丁度よい柔らかさです。

 

risu
risu

水をくわえて時間がたつと固まるので、型にいれるまではスピーディーに♬

 

 

材料を型にいれます。

入れた上から、スプーンの背面できゅっと押して隙間がないようにします。

 

risu
risu

半日~1日程度乾かします

 

 

CBDバスボムの完成です!

1つの重さをはかってみると、CBDの量がわかると思います♬

 

お好きな量を、お風呂にいれてみましょう。

 

risu
risu

オイルの保湿パワー、CBDとアロマに癒されて贅沢バスボムのできあがりです♬

 

バスボムにおすすめのアロマ

CBDにもさまざまな効果があるといわれていますが、アロマの香りにも効果がたくさんあります。

 

アロマテラピーでも頻繁に使われるのが、ラベンダーです。

ラベンダーの由来は、ラテン語で「洗う」という意味。

 

緊張や不安感を打ち消し、眠る前のお風呂にもぴったりのエッセンシャルオイルです。

 

もしも香りが苦手な場合は、スイートオレンジ2、ラベンダー1の割合でブレンドすると心地よい香りになります。

 

risu
risu

CBDと精油の癒し、相乗効果もかなりありそうです☆

CBDバスボムのポイント

少ない量で作りたいときは?

 

量を変更されたい時は、重曹:クエン酸:片栗粉を2:1:1の割合で混ぜてみてください。

CBDもお好みの量で変更されてみてください。

 

丸型のバスボムを作りたいときは?

 

専用の型やラップで丸形にできます。

 

risu
risu

専用型で作る時は、こんもり盛って最後に中央をくっつけるのがポイントです。

 

アレンジも自在

 

トッピングに、バスソルトやハーブ、

色付けに抹茶の粉などもおすすめです。

 

ホホバオイルも、ココナッツオイルなどお好きなキャリアオイルに変更できます。

 

バスボムの材料が余ったとき

 

CBDバスボムの材料があまったときは、ハーブやバスソルトと一緒に瓶につめてみましょう。

 

シュワシュワはじける簡単バスソルトの完成です♬

 

risu
risu

瓶にいれて1日おくと香りがふんわりついてきますよ♬

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました